nProtect The Global Security Solution
なぜGameGuard? 製品紹介 ユーザー通報センター 会社概要 お問い合わせ

point このページを印刷する

株式会社ハンビットユビキタスエンターテインメント
『ネオスチーム』

―「nProtect」 を利用させて頂いているおかげでBotなどの数が非常に少なく、サービスの向上にとても役立っております。


 「Steampunk」をベースにファンタジー要素を兼ね備えた独創的な世界観を持つ、 「ネオスチーム」。ユニークなキャラクターや乗り物、多彩なクエスト、独自の国家システム によるPvP戦やRvR等…数多くの魅力あるコンテンツを初め、日本クリエイターとのコラボ レーションや「あなたのつまんないを教えて!」といったプレイヤー参加型運営制度独自の サービス展開により、多くのオンラインゲームユーザーから高い支持を集めています。

 そんなネオスチームでは、βテスト期間中から「nProtect:GameGuard」 (以下、「nProtect」)を導入、不正行為に対してサービス初期段階から積極的な取組みを みせております。今回、同社の不正行為の取り締まりやセキュリティ対策について お話を伺いました。

  潟nンビット
ユビキタスエンターテインメント
CSチーム様

様々なタイトルで採用されてる実績や評判といった信頼感が決め手でした。    
     サービス当初から導入したおかげで、Bot 等の不正行為による大きな被害はありません。

 元々多くの有名タイトルで「nProtect」が導入されていたので「nProtect」の評判は以前から耳にしておりました。また、開発国である韓国ですでに導入されていた背景もあり、クローズドβ時から導入に踏み切り、その後正式サービスでも利用させて頂いております。

  やはり、サービス開始当初から導入したという事もあって、Bot等の不正行為は非常に少ないです。ごく一部のユーザーがBotを利用しておりますが、大部分の不正行為は防げております。

 (「nProtect」に対する評価、大変満足しているということですか?) そうですね。不正行為が少ないですし、すでに様々なタイトルで導入、サービスをおこなっているという実績がありますので、やはりそのあたりが信頼に繋がっております。「nProtect」公式サイトを拝見しましたが、やはりあの実績を見て安心もできますし。ユーザーの方からも、「nProtect」を導入しているという安心感があると思います。

 もちろん、ユーザーの方から「パッチが当たらない」などの「nProtect」に関する問い合わせはありますが、きちんと対応できる範囲ですので、特に重要な問題もおきておりません。不正行為が少ないということで、弊社としては非常に助かっております。

ごく一部のツール使用ユーザーに対しては厳しい取締りを行っております。
     一般ユーザーに対しても不正行為に対する啓蒙活動を積極的に行っております。
 まず、「nProtect」の導入はもちろんですが、ゲーム内ログの確認は毎日行っております。データ上で明らかに数値が増えてるとか、異常な数値がでている場合は調査を行い、確証がとれれば規約に基づき対処を行っております。

 また、ゲーム設計として、初心者ユーザーにもやさしいゲーム設定になっていて、レベル上げやゲーム内マネーも貯まりやすい設計になっております。「修練場」というシステムがあるのですが、こちらにキャラクターをおいておけば少しずつスキルのレベルが上がっていくといったシステムもあります。やはり淡々としたレベル上げのようなゲーム、お金もなかなか貯まらないといったゲームになるとBotも集中しやすいのではと。 また、海外IPは基本的に遮断しております。

 あとRMTですが、こちらは全面禁止しております。やはりRMTを許可すると、不正行為でお金を荒稼ぎして現金に変えようとしてくる人もでてきますし、そうするとゲーム内バランスが崩れていく要因にもなりますので。
 特に、組織化してRMTを目的とした業者がBot ツールを大量に使用したりすると、ひとつのマップに同じ機械的な動きをするキャラクターが量産されます。初心者や新規ユーザーにとっては、そのことが原因でゲームをやめてしまったり、ユーザーの方々に悪い印象を与えてしまうこともありますので、不正ツールやRMTに対しては、徹底した対応を心がけるようにしております。

「nProtect」の初期導入によりBot 被害が減少。最初が防げるとその後が全然違います。

 「nProtect」の初期導入したことが大きなポイントだと思います。やはり後手後手の対応になると、ユーザーからの印象も悪くなりますので。そのおかげで、現在不正行為の件数が非常に少なくなっております。
  確かに金銭的なコストから負担はありますが、数々のタイトルへの導入実績もありましたので、「nProtect」を入れておけば大丈夫だろうという信頼感もありました。現在はコスト分の効果は十分発揮されていると考えております。

積極的な不正行為の取り締まりや会社・担当部署を超えた協力体制の構築の重要性
 会社としてセキュリティ対策には万全の対策をとるスタンスです。ゲーム内のログ確認や不正行為対象に対する対処は積極的且つ迅速に行い、ユーザーの方に安心してゲームをご利用いただける環境づくりを一番に考えております。その過程において運営チームとシステムチームの連携、運営会社と開発会社の連携等をスムーズ行い、常に情報共有ができるよう各部門の協力体制の構築に努めております。

業界として啓蒙活動や法整備の必要性&今後の取組み

 不正行為に対する啓蒙活動や法整備の必要性は、どの運営会社も痛感している所だと思います。 実は以前、公式サイトにRMTの宣伝をした方がいらっしゃいまして、この記事はすぐに削除させていただきましたが、何も知らないユーザーの方はこれを見て実際に購入してしまう可能性もあります。そのためこういったことを防ぐために公式サイトのニュースに「RMTはだめです。規約上このようになっております。」というお知らせをだしたことがあります。 このお知らせを出した時に、RMTはだめだという話題がユーザー間でも流れました。

 今後もこういった啓蒙活動は積極的に行って、ユーザーの方の安全・信頼作りに努めていきたいと考えております。



会社名: 株式会社ハンビットユビキタスエンターテインメント
設立: 2004年12月27日
資本金: 475,000,000円(2006年2月10日現在)
本社: 〒101-0022
東京都千代田区神田練堀町3番地 AKSビル 1F
サービスタイトル:

グラナドエスパダ              
ネオスチーム              
WYDU(WITH YOUR DESTINYU)

会社URL: http://www.hanbit.jp/
ネオスチームURL: http://ns.clubhanbit.jp/

 

▲このページのトップへ戻る

 

 
 4 導入をご検討の方へ
   ├ nProtect:GameGuard
   └ nProtect:KeyCrypt
 
 
 4 導入企業様の声
 
 
 4 資料請求
 
 
 4 オンラインゲーム
    不正ツール、不正行為
    情報をお寄せくだい
 
 
 4 サイト相互リンク募集中